2011年04月25日

新作花火コレクション無時終了

23日の大曲ファミリースキー場。

日中降り続いた雨も開始直前には止み、新作のジンクスはいきていると思われた前半でしたが、後半はかつて経験したことのないような大荒れの天気で修業でした
金賞は池谷さんのお弟子さんだった窪田さん。涙ぐんで言葉が時々詰まってしまう受賞挨拶が印象的でした。
鑑賞士特別賞は今野さん。改めて今野さんファンの多さを実感しました。
私が入れた方は次点でした。


24日の午前9時の大曲ファミリースキー場。

真っ先に目に入ったのはスキー場の斜面で昨日の花火の飛び散った玉皮を拾うおばあちゃんたち4.5人の姿でした。

花火大会は開催日までの下準備、開催日当日の準備、開催後の後片付けが終了し全てが終了です。

東京方面からいらっしゃった花火愛好家の方々と大曲花火倶楽部のメンバーで後片付けをおこないました。私は花火倶楽部会員でもありますが、開催翌日の後片付けに参加したのは初めてです。


今年は20回記念大会でしたが、この手作りの大会が多くの方々の協力に寄って成り立って来た大会であるということを改めて実感した3日間でした。

この日記を読んでくださっている方々も何かしらの形で運営に携わった方が多いことと思います。皆さまお疲れさまでした。
posted by ひろ at 22:09| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。