2011年03月27日

こんな時こそ花火が必要です

お彼岸やお盆、命日にお墓参りに行けば墓標に花を添え手を合わせます。
また家にある仏壇にも花を添え手を合わせることでしょう。

花火が華美なものとして捉えられているせいか、また協賛金が集まりにくいことを見越してか各地花火大会中止の動きが出ています。

一部の花火大会で取り入れられているメッセージ花火(希望者が玉代を負担し思いを花火玉に託す)では追悼、哀悼の意が込められたものがしばしば上がります。

今日の新聞に「被災者ではないのに無力感」という見出しで被災地以外の方々の心の変化とその対処法について専門家の方のアドバイスが載っていました。私も時々涙が出てしまうし、無力感も感じます。

花火も花同様追悼、哀悼、慰めになります。

少しでも多くの方々の心を照らしてもらいたいと願わずにいられません。

大曲の花火のテーマソング夢の空二番の歌詞を以下に紹介します。

僕らが求める未来はどんな彩りか。男たちの意地を乗せて花火に夢を託す。
ああはるかかなた未来の果てまで。望みと喜び届けておくれ。
舞いあがれ誇らしく悲しい思い出打ち消して。限りない平和の願い僕らの代わりに
燃やし続けて。

posted by ひろ at 08:34| 秋田 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

念願の・・・

3月も末だというのに、外は時より猛吹雪が吹き荒れた真冬のような一日でした。まだ積雪は1m程ありこのままだと4月末まで残雪がみられそうです。

朝から雪が降り続いていたため、今日は用事先にバスと電車を乗り継いで行くことにし、11時頃自宅を出ました。最寄りのバス停に少し早く到着しバスを待つものの発車予定時刻になっても来ません。乗り継ぎの電車への待ち時間がほとんどなかったので、1.2分の遅れでも気になるところ。3分待っても来なかったので、バスに乗るのを諦め、電車を一本遅らせることにし最寄駅まで歩くことにしました。

歩くこと1時間あまり。いつも給油しているセルフスタンドまで来ると、大幅に増員された係員さんの指示に従い車が次々と給油レーンに入っていきます。並ばないで給油しているところを見たのは震災後初めて。係員さんに聞くと今日は15時までの営業だそうで、それなら一度自宅に戻って車で出直して来ても十分間に合います。

幸い、スタンド近くのバス停で自宅方向に戻るバスが15分後くらいにあることを知り、バスに乗って引き返し車で出直しました。

私が給油所に入る時には待つことなくすんなり入れたのですが、私が給油を始めると道路にはみ出して並ぼうかというくらいスタンドの敷地内に車がつながっていました。自分の握ったレバーから給油口にガソリンが次々に入って行く音がとても心地よく感じます。

いつもは24時間営業のこのセルフスタンド。今日は9時半に開店したとのことで15時までの5時間半あまりの営業。平常営業まではまだまだ時間がかかりそうです。

今日は車で移動できる喜びを噛みしめました。
特に今日みたいな天気が悪い日には移動手段として車を使えることがありがたいです。

posted by ひろ at 22:08| 秋田 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

わがまま

15の時からアンチ巨人だが、今回の開幕の問題にしてもやはりどうしようもないおごりの球団だ。
posted by ひろ at 21:37| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

震災から1週間

早いもので今日で震災から1週間です。
この1週間で多くの方々が何かしら考え方を変えたことと思います。

いろいろ見ていて目にとまったトピックが3つありましたので触れてみました。


○佐川急便HPによると東北地方でも昨夜から営業再開。
福島を除く東北各県での荷物の受け取りは「営業店止めサービス」のみ、荷物の発送は営業所に持ち込んだ場合のみ可能だそうですが、同業他社2社が全く荷物の受付をしていない中では迅速な対応でありがたい限りです。
ガソリンが手に入り次第最寄りの佐川の営業所にて早速米を某所に送ります。

○電力融通
国内の他の電力会社が東北電力、東京電力管内に電力融通をしてくれています。詳細については各電力会社のHPに記載されていますが、「管内の利用者に安定的に電力を供給した上で限られた枠の中ながら最大限の電力融通を行っていること。国内全体のエネルギー需給逼迫回避のため省エネ、節電の呼び掛けをしていること」が各HPからわかります。

節電で余裕の出た電力を回してもらっていることなので、他の地域にお住まいの方々の節電にも感謝です。

○高速無料化実験中止へ
今年度実施が予定されていた高速無料化実験は中止が決まったようです。
無料化の財源は被災地の復興財源に充てられるそうで、秋田県内のほぼ全域での無料化は無くなりましたが、致し方ないところではないでしょうか。

posted by ひろ at 05:06| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

まずはできることから

東北電力管内でも計画停電が予定されているそうです。

節電のためまずは自分のできることから始めています。

自宅を出るときはブレーカーを落とす。
ファンヒーターは部屋を温める際の立ち上がり時のみ使用。
電気ポットの使用自粛。昔ながらの保温ポットの活用。
早寝早起き。

今のところはこれくらいしか思い浮かびません。
我が家には反射式ストーブが4台ありますので、反射式ストーブ
を活用しています。お湯が湧かせるし、料理もできるし便利です。


○計画停電中の上水道による給水について。

3時間程度の停電であれば断水になる地域は一部地域に限られると
思われます。断水にならなくても停電時は節水に努めましょう。

停電時間が長引くほど水道水は綱渡り的な供給になります。
幸い私のところでは先日の長時間停電時断水を防げました。


posted by ひろ at 06:38| 秋田 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

第7回花火講座最終回

昨日の目にとまった新聞記事。

「津雲優さんにかほ市の女性のつどいで講演。いざないの街・秋田県民歌ほか15曲を歌う。秋田県民歌は参加者全員での合唱。」
〜さきがけより〜


「県仙北地域振興局 元気なふるさと秋田づくり県民運動
地域づくり顕彰事業として6団体を表彰 花火トキメキチームも受賞」

〜秋田県南日々より〜
http://www.kennichi.com/news11/Mar/n110309.html

県南日々の記事の中には余目地区の活動についても書いてありました。


今日は花火講座。早いもので第7回講座も最終回となりました。
第3回は『「第20回新作コレクション記念大会」の見どころ』

今年の新作のプログラムはまだ花火倶楽部会員にも届いてませんが、出品22作品について講座の受講生がその内容をいち早く知れます。[m:59]

プログラム公式発表まではオフレコで皆さんにお伝えできないのが残念です
[m:74]
posted by ひろ at 07:17| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

いいところで・・・

今朝数日分の新聞をじっくり見ていると、いいところで上司より緊急の呼び出しの電話
今年に入ってから月始めの休日に毎回呼ばれているので、「今週もあるかも」なんて金曜の夕方に笑いながらしゃべっていたのが現実のものにお昼過ぎにはなんとか解放されました

さて、その「いいところ」とは3月3日木曜日のさきがけの美郷町在住の30歳のデザイナーさんの記事。

家庭の事情で急遽勤めていた広告代理店を辞め東京から秋田に戻ることになり、今は地元を拠点にフリーのデザイナーとして活躍なさっているそうです。

この方が昨年の「大曲の花火100年」のポスター、大曲商工会議所青年部公認グッズの紙袋&包装資材のデザインを手がけたと知り、俄然興味が湧きました。さきがけの記事はご本人の写真入りなので見てください。

そして、3月4日の新聞には19日に大曲ファミリースキー場でおこなわれる新作花火コレクションのプライベート花火募集記事が載っていました。
メッセージ付きの7号玉1発2万円。例年申し込み者には特別観覧席2席が贈られるほか、花火大会終了後山の手ホテルでおこなわれる表彰式を兼ねたレセプションに参加することができます。

あと、今日面白いブログを一つ見つけました。
大仙市在住の方や大仙市内に通勤なさっている方は、投稿ボランティアに名乗り出てはいかがでしょうか?
http://daisen100.exblog.jp/13600855/


posted by ひろ at 21:51| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

予備校生事件に思うこと

一連の予備校生の問題。

こことあんまり変わらない新庄のような田舎出身の高校生がしてしまったというところに関心があります。同じ予備校出身者ということもあり、高校時代は成績はパッとしなくて予備校時代に伸びたというところにも共感するものがあります。

あの地で迎える2月、3月にかかるプレッシャーもわかります。私なんかも「落ちたら進学断念・・」と追い込まれる夢を未だに見ます。

今回の事件、切羽詰まった上にやってしまったこととは言え、便利なツールが存在しなかったらできなかったことでしょう。

ヤフー知恵袋の説明には「質問・回答を投稿してお互いの疑問や悩みを解決し、知識を分かち合えるQ&Aサイト」とあります。

確かにこうしたサイトは便利ですが、「自分のわからないことは自分で調べる。それでもわからないことは他人に聞く」といった下地が崩れてきている気がします。

今は掲示板だけとなってますが、かつて大曲の花火についてのHPを作っている時もそうでした。人に聞く前に自分で調べたらわかるようなことを掲示板やメールで問い合わせてくる人がたくさんいました。

例えば新作コレクションのように公表されている情報が少なく、経験者から情報を得るしかないようなことならわかりますが。

インターネットで便利になった世の中で、わからないことは他人に聞けばいいという風潮が広がっていることが事件の下地に思えてなりません。


posted by ひろ at 19:02| 秋田 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

完了

奨学金返還完了通知が今日届きました。
1月末の引き落としだったので、今日まで通知が届くのを
首を長くして待っていましたが、ようやく安心できました。

返還が終わってみると、なんだか学生時代とのつながりが切れてしまったようでさみしいような・・・


両開きの葉書の右隅には寄付金に関する問い合わせ先がさりげなく
書かれてました。

「卒業後教育の職に就いた場合の奨学金返還特別免除制度」で学部生時代の奨学金返還を免除された教員に寄付を積極的に呼びかければいいのに。平成10年以降に大学に入学し教員となった者との世代間不公平もありますし。そこまで教員は特別扱いされなきゃいけなかったんですかね?画像 001.jpg

画像 002.jpg
posted by ひろ at 23:12| 秋田 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

3月

今日から年度の最終月になりました。
異動を意識しだすこの月は2.3年程前から毎年のように落ち着きません。
「例え99%ないとしても、ひょっとしたらあるのでは?」と余計な詮索をしてしまいます。

行けと言われたところに行くしかないのですが、やっぱりその人に向いている部署、向いていない部署と言うのはあると思います。

来年いれば丸10年か......

posted by ひろ at 21:30| 秋田 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。